アプリ開発にチャレンジするならiPhoneアプリ!

フリーランスエージェントで高単価案件を獲得

iOSアプリ開発案件の現状

iOSとは、iPhoneのアプリを開発できるOSのことです。フリーランスのiOS案件は数が多い上に高単価のものが多く、エンジニア向けの案件の中でも高い人気があります。案件の数がかなり多いこともあり、人気はあるもののエンジニアの数はまだ追いついていないという状況です。

iOS案件の相場

iOSアプリ開発に関するフリーランス案件の相場は、iOSエンジニアとしての経験年数によって大きく異なります。目安としては、経験年数が1年未満のエンジニアなら月約30万円、経験年数5年以上のエンジニアなら月約120万円です。数年程度の経験で年収1,000万円に達することを考えると、iOSアプリ開発は他の言語での開発よりも高単価傾向にあることがわかります。iOSアプリ開発の経験年数が1年上がるにつれ、10万円ずつ相場が上がるイメージです。iOSアプリ開発案件の相場を知っておくと、契約の際に提示される単価が相場に対して適正かどうかをある程度判断できます。経験年数だけでエンジニアとしての能力すべてを判断できるわけではありませんが、相場を基準にすれば能力に対して極端に低い単価で契約してしまうことはなくなるでしょう。フリーランスエンジニアの単価は交渉のやり方ひとつで大きな差が出るものです。同じようなレベルのiOSアプリ開発案件でも、案件そのものやエージェントを変更しただけで単価が10万円アップするというケースもあります。

高単価のiOS案件を獲得するコツ

フリーランスエンジニアの多くはフリーランスエージェントを通じてiOSアプリ開発案件を獲得しています。高単価案件を獲得するコツは、マージンをできる限り少なくすることです。エージェントによっては間に複数の企業を挟んでいる場合があります。中間企業が多ければ多いほどマージンが増えてしまうため、フリーランスの手元に報酬が入るころにはかなり額が減ります。究極的には、エンド企業からフリーランスが直接案件を受注するのが一番です。しかし、個人が企業と直接契約を結ぶことには多くのリスクが伴います。フリーランスが個人ですべてをカバーしようと思うと、事務的な工数が負荷となります。フリーランスエージェントを間に入れることでマージンはかかりますが、営業や事務にかけるはずの時間を別のことに使えるようになります。万が一企業側とトラブルになった場合にも、エージェントが調整役となってくれます。iOSアプリ開発の仕事だけに集中し、その他の雑務は手数料を支払ってエージェントに任せるという発想に転換すれば、高単価案件を効率よく回していくことができるようになるでしょう。